カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ

ISHIMOではさまざまな種類の天然石をご紹介しています。

 

●御影石(みかげいし)

御影石とは、花崗岩の別称です。日本だけで使われている呼び方で、英語ではgranite (意味:花崗岩)と言います。花崗岩は火成岩の一種で、地中深くのマグマが地表に出ることなくゆっくり冷え固まり形成されました(このような種類の火成岩のことを『深成岩』と呼びます)。もともと、兵庫県住吉御影町から産出された花崗岩のみを「御影石」と呼んでいましたが、その後、産地にかかわらず建築用花崗岩を全般的に御影石と呼ぶようになりました。

・石質が硬く、耐久性が高い

ゆっくり冷え固まった御影石は、非常に硬いです。また、風化に強く、耐久性にも優れています。そんな石質を活用して、日本では昔から、鳥居や石垣、家屋など、建築の外構部分に多く用いられてきました。 弊社でも、御影石を用いて墓石をはじめ、石鳥居や石垣、石灯籠、石仏などを手掛けてきました。

・加工の自由度が高い

硬質で目が細かいため、御影石は加工にも優れています。「本磨き仕上げ」では、研磨して石本来の色やツヤを出すことができます。また、「ジェットバーナー仕上げ」では、自然に近い岩肌を感じさせる表情を作り出すことができます。

・種類が豊富

御影石は日本だけでなく、様々な国で産出されます。含まれる成分によって色や模様が異なるため、産地によって種類が非常に豊富です。一般に、日本で産出されるものは白やグレーが多く、海外のものには赤みがかかったものや、黄色がかった御影石もあります。使用用途によって、様々な種類が使われています。

・見た目が美しい

石目模様や色が非常に美しいのも、御影石の特徴です。そのため、建物外部だけでなく内部の台所やキッチンカウンターなどにも多く用いられています。どっしりとした印象がある御影石は、高級感を表現するのにも適しています。
 



●庵治石(あじいし)

香川県の北東部に位置する庵治地方にだけ産する花崗岩で、「花崗岩のダイヤモンド」と呼ばれています。庵治地方は日本三大石材産地と呼ばれ、なかでも庵治石は、世界最高級の銘石として知られています。

庵治石の表面は、石面に潤いを与えたような、珍しいまだら模様の光沢「斑(ふ)」が浮かんでいます。「斑(ふ)が浮く」といって、磨けば石の表面が幻想的な二重のかすり模様を見せ、磨くほどに艶が出ます。美しいものほどランクが付けられ、庵治細目石は磨くと瑞々しい艶を帯び、その風格は格別です。また、結晶が細やかなため、他の地域の花崗岩と比較しても硬いことが特徴の一つ。硬い石は、加工の際にも石が崩れにくく、細やかな細工に適しています。水を含みにくい性質で、風化・変質にも強く、耐久性に優れることから、屋外で長年使用しても、変色や劣化がしにくいです。

きめの細やかさ、光沢、石目の美しさ、耐久性の強さなどの特徴から、様々な石材加工製品に彫刻用・建設用として幅広く利用されてきました。特に彫刻品、灯篭、墓石などに用いられ、広島平和記念公園原爆記念碑や高松空港モニュメントなどに使用されています。

 



●来待石(きまちいし)

味わい深い茶褐色で、温かい表情の「来待石(きまちいし)」。
島根県・宍道湖の南岸(松江市宍道町来待地区)で切り出される、凝灰質砂岩です。砂岩特有の、穏やかな風合いと石肌が評価されています。石質は粒子が緻密で、やわらかく、切り出しや加工がしやすいため、気品高く優雅な作品が仕上がります。

古墳時代の石棺や石室に使われたのち、鎌倉時代からは石塔や石仏などの彫像、かまどや石臼などの生活用具、庭園石材、建材など、身近な所に幅広く用いられました。特に江戸時代は、“御止石(おとめいし)”と呼ばれ、松江藩主が藩外へ持ち出しを禁じたほど重宝されます。江戸時代後期には、石灯篭や狛犬などの来待石製品が、“石の美術品”として好評を得て、全国各地へと広がりました。

現在は、釉薬の原材料や、国指定の伝統的工芸品である「出雲石灯篭」の石材として知られています。来待石は、切り出された時は、青味を帯びた色合いをしていますが、次第に水分が抜け、趣のある茶褐色の、やわらかな風合いに変化していきます。この風化のしやすさは、もろさに繋がりますが、日本人はそこに魅力を見出してきました。

新しい製品でも古色を感じさせ、苔がつきやすく、自然にうまく溶け込むため、日本庭園の景観を彩る素材として欠かせない存在です。また、インテリアとして室内に取り入れることで、上品な雰囲気を演出できます。

 



●小豆島産 福田石・安山岩

小豆島は、瀬戸内海の美しい自然に囲まれ、「二十四の瞳」をはじめ、多くの映画やドラマのロケ地としても人気のスポットです。岡山、姫路、高松からフェリーで約一時間。高速船でも気軽に訪れることができます。産業はオリーブの生産量が日本一を誇り、醤油や素麺の生産地としても知られています。また、古くからの石材産地としても有名です。

小豆島は、地下深部のマグマがゆっくりと冷えて固まった巨大な花崗岩が、約8千万年前に地殻変動を受け、海上へ隆起して、誕生しました。まさに“石材の宝庫”といえる島です。特に「小豆島石」と呼ばれる石は島の北東部で採石され、大阪城の石垣にも多く使われています。石は石船や筏に積まれ運ばれました。その後も、石材産地としての需要が高く、採石と加工の技術も向上していきました。

小豆島には築城で使われなかった石が「残念石」という名で遺され、今も“石の文化”の歴史を私たちに伝えています。
 代表的な「小豆島石」には、石垣に使用された小海石(おみいし)と、明るく薄い緑色が特徴的な大部石(おおべいし)がありますが、それプラス、ISHIMOの自然石シリーズに使用している「福田石」も有名です。

福田石(花崗岩・錆石)は、白と錆が混ざった珍しい石目に特徴があります。ISHIMOでは、大小さまざまの福田石の割栗をセレクト。カードスタンドやブックエンドなどの使い勝手を考え、カットやポリッシュなどの特殊加工により、高級感のある自然派のインテリア小物に仕上げています。

小豆島産安山岩は、中山千枚田の石垣や猪鹿垣などに広く使われていました。日本庭園などの景石としても使われることが多く、安山岩そのままの形で使用される人気の石です。濃いブラウンの肌合いが、高級感を演出します。カットした断面は深いグレーで木目のような風合いがあり、表面とのコントラストが印象的です。

 



●花沢石(はなざわいし)

愛知県産の白系御影石の代表格「花沢石」。愛知県豊田市花沢町にある、三河三霊山の一つ、六所山から産出されます。明治20年頃から採掘されているといわれ、愛知県では昔から墓石材・彫刻材として親しまれています。

花沢石の特徴は、石質の“粘り”の強さ。石質が柔らかいため加工しやすく、粘りが強いことから彫刻に適しています。きめ細やかで、粘り強い石質・適度な硬さがあり、低吸水率で高い耐久性があります。墓石材のほか、石仏などの彫刻物にも多く用いられています。天台寺門宗の総本山である三井寺(滋賀県)の大日如来座像、天台宗総本山である比叡山延暦寺(滋賀県)の伝教大師座像、イギリス?大英博物館所蔵の須弥山童子六地蔵なども花沢石が使われ、古くからの豊富な実績を持つ石です。